keyimage

《アスベスト(石綿)被害の相談ホットライン 03-5627-6007

午前10時〜午後5時

メールでは簡単な相談以外はむずかしいのが実際です。極力電話でご相談下さい。

<労災申請をお考えの皆様へ 重要な事柄>

  1. ご自分の会社や親方が過去に労災保険に加入していなかった場合でも、国の保険ですので労災申請は可能ですので安心して申請してください。ご自身が雇われていた期間が一切なく、中小企業雇用主や一人親方である場合は、ご自身が労災保険に特別加入されていた事も申請の条件になります。詳しい点はお問い合わせください。
  2. 病院で労災申請を手伝ってくれる場合は、休業補償も申請できることをお忘れなく。病院で治療費の請求である療養補償の準備をしてくれる事がよくあり、病院が労働基準監督署に申請してくれます。しかし労災申請にはもうひとつ休業補償があり、病気によりお仕事が出来ない場合に生活費の補償を国がするもので定年退職された方でも請求できます。この場合ご自分で監督署へ直接申請しなければいけません。大きな病院でも患者さんの休業補償のことまで頭が回らないことがありますので、ご確認ください。
  3. 2014(平成26)年1月、相談員や所長の長年の経験を元にして、「中皮腫で石綿との接点が見つからないと思われている方」、「石綿肺がんの方へ 名取所長の長年の経験からのアドバイス」、「肺がんの方へ 植草相談員からのアドバイス」、「肺がんの方へ 斎藤相談員からのアドバイス」、のページを追加しました。是非ご参考ください。

知っておいた方が良いポイント

中皮腫で石綿との接点が見つからないと思われている方

石綿肺がんの方へ 名取所長の長年の経験からのアドバイス

肺がんの方へ 相談員 斎藤からのアドバイス

茨城、埼玉県内の肺がんや中皮腫の皆様へ

 茨城県の皆様、埼玉県の皆様、初めまして。

 私たち、アスベストセンターは、この5月から、患者さんの団体と協力して水戸およびさいたま市内で集いと労災相談会を毎月開くことに致しました。さらに、ほぼ隔月でアスベストに詳しい医師による医療相談も行なう予定です。

 今、肺がんや悪性中皮腫で治療中の方はもちろん、もしかすると自分の肺がんはアスベストが原因ではないかと気になっている方は、ぜひおいで下さい。

 水戸の会場は、偕楽園のすぐそばです。観光のついでにお寄り下さい。さいたまの会場は、さいたま新都心近くです。

 水戸とさいたまで集いを開くことになった理由はこちらをごらんください。

東北地域にお住いの皆様へ

中皮腫・じん肺・アスベストセンター東北のご案内

ホットライン、相談者の声

2014年

2012年

  1. カルテ集めに奔走し1カ月で認定
  2. 煙突職人さん 和やかなインタビュー録音で認定
  3. 忍の一字で肺がん合併症認定
  4. 相談から6年越しの申請

2011年

  1. 給与明細で労働者性を証明
  2. 抜群の記憶力で生活保護から労災認定へ

2010年

  1. 転院と地元監督署の親身な調査で認定
  2. 完璧な現場の記録と同僚証言で認定

2009年

  1. 兄弟で支えあって認定
  2. じっくり思い出して認定
  3. 空襲プラス石綿渦
  4. カルテと写真で認定

2008年

当センターがかかわった労災再審査事案で、逆転認定されたものがあります。

2005-2006年

  1. 作業現場特定困難でも同僚証言で労災認定された例
  2. 医療相談員の方のご協力で無事に労災申請できた例
  3. 直接死因は『腹膜炎』だったが、労災認定された例

2003-2004年

  1. 相談員が面会した後、まもなく他界されたAさん
  2. 船員保険で初めての悪性中皮腫の業務上認定 −笠原さん−
  3. 定年直前に発病 −JR社員立谷さん−

2002年

A氏の記録

相談者紹介

斎藤洋太郎

永倉冬史

尾形海子(アスベストセンター東北)

(植草和則は、2015年1月退職いたしました。)

お問い合わせ

中皮腫・じん肺・アスベストセンター
〒136-0071 東京都江東区亀戸7-10-1 Zビル5F
地図はこちらです。

TEL : 03-5627-6007
FAX : 03-3683-9766
Email: info@asbestos-center.jp
ホームページ: http://www.asbestos-center.jp/